HDDスピンドルモーター

製品写真

ハードディスクドライブ(HDD)のディスクを回転させるモーターであり、記憶容量や処理速度などHDDの性能を左右するため、回転数やNRRO(非繰返し性振れ)などの点で非常に高度な精度要求を満たす事が求められます。

特長

自社製の精密ベアリングを使用

ベアリングはモーターの心臓部分に使用される重要な部品ですが、ミネベア製のHDDスピンドルモーターには自社製の高精度ベアリングが組み込まれており、精度や信頼性を高める点で大きく貢献しています。特に一般型のボールベアリングに加えて自社製HDDスピンドルモーター向けに流体軸受を内製しており、お客様からの様々な要求に対応できる万全な体制が整っています。

主要構成部品をすべて内製

photo

ベアリングに加えて、シャフトやハブ、ベース、マグネットなど、巻き線やリード線を除く主要構成部品をすべてグループ内で内製しており、品質、供給力、納期スピード、製造コストの点で強い競争力を持っています。

効果的なR&D体制

タイ工場で構成部品の加工から組立までを一貫生産しており、さらに隣接するR&Dセンターで清浄度検査や環境試験など解析を行う体制が整っている結果、量産拠点での迅速な品質対応が可能となっています。また、日本やシンガポールにも解析を行うR&Dセンターを有しており、ドイツの設計・開発拠点と連携する事により、さらに高い信頼性につながっています。

流体軸受搭載型モーターを専用工場で生産

2000年3月にHDDの最大手メーカーである米国シーゲート社との技術提携を結びました。シーゲート社の優れた設計・開発力とミネベアの超精密機械加工技術および生産能力が結びついた事により、それまで流体軸受搭載型モーターで懸念されていた問題点が解決されました。
2000年11月からタイのバンパイン工場で生産を開始し、さらに2001年に専用工場が完成し増産体制が整いました。

製品データ

項目 内容
開発拠点
製造拠点
主要販売先 HDDメーカー
市場シェア 約20%以上 (当社推定)
生産開始時期 1989年

用途

♦
パソコン(デスクトップ/ノート)
ハードディスクドライブ
♦
サーバー機
 

お問い合わせ先

ミネベア株式会社  営業部門

*以下、又は最寄の営業所へお問い合わせ下さい。

TEL 営業事業所一覧
FAX 03-6758-6760

ページの先頭へ戻る