材料

最新の市場ニーズにあった新製品を生む出すために、最先端の材料研究は欠かせません。ミネベアでは多様な製品用途に応えるため、さまざまな材料の特性を研究し、日々の製品開発に役立てています。

  • 軸受鋼
    軸受鋼の組成や結晶構造や、不純物、硬さなどは、ベアリングの性能と特性に直結します。およそ1000MPa以上という過酷な極圧を繰り返し受けながら、長寿命が要求される軸受鋼には、主に高炭素クロム軸受鋼や、耐食性の高いマルテンサイト系ステンレス鋼を使用しています。
  • 磁性材料
    ミネベアは理想の製品を開発するために、材料からこだわります。磁石に関しても、多様な用途に合った磁粉を選択し、自社でマグネットを製造を行っています。高性能な製品を実現するためのミネベアのこだわりの一つです。
  • セラミックス
    セラミックスは軸受鋼と比較して、硬さが約2倍、比重が約半分、導電性ゼロという特徴があります。ボールをセラミックスに変えることで、ベアリング内を通電することで発生する電食の防止効果や高速回転での遠心力低減による耐久性向上効果が得られます。

ページの先頭へ戻る