薄膜・コーティング

高度化する製品開発に対する要求に応えるためには、表面処理や薄膜形成技術が求められます。自社内で培った薄膜・コーティング技術が従来は実現できなかった特性を持った製品の開発を実現しています。

  • 高硬度薄膜形成(DLC)
    金属同士の接触部分の潤滑を長期間保障するために薄膜・DLCコーティングを施すことで、元来の材質とは違う特性を持たせ、高度な信頼性を実現しています。
  • 機能性薄膜形成(SOS)
    サファイア(AI2O3単結晶)基板上に、シリコン薄膜を形成(エピタキシャル成長)させたのがSOS(Silicon on sapphire)です。このシリコン半導体ひずみゲージは、サファイア基板に原子的に結合しており、物理的、電気的に極めて安定した理想的なセンサーを構成します。
  • 表面処理(電着塗装)
    アルミダイキャスト部品などの表面に、防食・耐摩耗を目的とした電着塗装を行います。電気を帯びさせることで、対極のイオンを持っている塗料を電着させ、均一な塗装膜を形成できます。

ページの先頭へ戻る